雑用バイトから5年で専務になった女性の「働き方」4ケ条



c64d13bb1e1e267c4cbf77407c953678_content_convert_20160613171648.jpg


アルバイトだから将来が見えない、時給が安くていやだ……。そう感じている人は多いのではないでしょうか?




でも正社員として入社することだけが明るい未来への切符かというと、実はそんなことはないのです。

 雑務のアルバイトから、1年で正社員、そして5年で取締役にまで上り詰めてしまった女性がいます。それは、明治25年創業の生花販売業・フローリストストウの専務取締役・野口昌代さん(昭和48年生まれ)。



20160520-00518915-jspa-000-view_convert_20160613171722.jpg


どんな働き方をすればバイトからステップアップができるのでしょうか? 野口さんに話を聞きました。

離婚して、生活のために始めたバイト


 野口昌代さんは、25歳のときに年収数千万の男性と結婚しました。お金に困ることなく優雅な生活を満喫。ところが、訳あって、身ひとつで家を出てしまいます。

 とにかく今日明日にでも仕事を始めないと生活できません。そこで何の縁もないお花屋さんでアルバイトをはじめます。それが今、役員を務める会社、冠婚葬祭や企業向けに生花を販売するフローリストストウです。

 そこで野口さんがやったことは……。

1)始業の2時間前に出社して伝票を見る



「なんの経験も持たずにバイトを始めたので、お花屋さんのことは何も知りませんでした。だから始業時間の1~2時間前に行って伝票を見るようにしたんです。

 すると、何時にどんな花が入荷されて、どのくらい注文があるのか、会社の流れがわかるようになりました」

 ちなみに、始業前に勤務した分は無給でした。

2)タイミングのいい人になる


「1日の注文状況や配送時間を把握すると、『この時間はあそこの部署が忙しいな』とわかります。

 自分の仕事は、段ボールの整理や清掃といった簡単なものなので、ほかの部署が暇なときに済ませてしまえばいい。タイミングよく手伝いに行けるようになりました。

 すると『助かるわー!』って感謝されるようになったんです」

 必要なときにヘルプに来てくれたら、周りの人からの信頼も厚くなりますよね。



3)暇な時間にはひたすら考える


「自分の仕事は、簡単な掃除などの雑務でした。暇な時間がたくさんありましたから、いろんなことを考えました。

『どうすればより効率よく仕事が回せるか』『どうして自分は好きだった店に行かなくなったのか』『どうすればこの店でもずっとお客様に愛されるか』。

 頭って、使わないとどんどんダメになっていくと思うんです。

 商売は、需要があってこそ成り立ちますよね。だけどお客様のニーズに沿ってサービスを変える柔軟性を持たないサービス業もけっこうあると思います。自分の欲しいものやサービスが手に入らなかったら、もうその店には行きませんよね。

 だからお客様に合わせて、どんどん形を変えていく必要があるんです」

 仕事が暇だ、ラッキー! と思うか、自分にできることを考えて実行するか。職場で伸びていく人は時間を無駄にしないのでしょう。

4)雑用でも、自分の立ち位置や役割を考えてやる


「組織は連係プレーです。大きな会社でも小さな会社でも、自分がなんの役割で、なんの仕事をしているのかわからなかったら、いい仕事はできません。

 自分は何番目のどこの仕事をしているのか、会社での立ち位置をわからず仕事をしている人があまりに多いと感じます。

 アルバイトで雑用をしていたときも、『これはなんのためにやるの?』、『お客様はいつ来るの?』、『もっと私を使ってもらうにはどうしたらいいの?』と考えていました。

 どんな小さなことでも、常に何か考えていると、ものごとは発展していきます」

rt3No2wLEmsE7CcYa9UymAiUB1jDg3me.jpg



 では、野口さんのようにサービス残業をすれば正社員になれる? いえいえ、そうではありません。

「『取締役になってやろう』とか『乗っ取ってやろう』とか考えていたわけではありません。ただただ楽しくて、夢中になってやっていたら結果、こうなっただけ」と言います。
「どうせアルバイトだから」「どうせ時給800円だから」「どうせ私なんて」と考えたことはないそうです。

「私、子どもの頃にリカちゃん人形になりたかったんです。そんなの絶対に無理でしょう? でも夢を持って、『いつかはきっとなれる』と希望を持つことが大事。だって今、好きなお洋服を着て、好きなものを買っ


、リカちゃんのような生活をしていますから」と野口さん。

「大恥をかいたこともたくさんあります。でもまあ、こんなもんだろ


と思って気にしない


、なんでもやってみることにしているんです」。

超絶楽観&ポジティブ、これが人生を発展させる鍵なのかもしれません。



最近の人は「努力は実らない」


と、思う人が多いけど


会社がブラックかどうかは


働いてみないとわからないもんです


あとは、運がいいかの問題です



ランキング参加してます


応援ポチ励みになります





人気ブログランキングへ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。