浪費グセは太りグセ! 貯金と体型の密接な関係とは?




_xMEu5iTvTcSH_K1460112398_1460112859.png




「なぜ年に100万円貯まる人は太っていないのか?」特集の中で

お金とダイエットの密接な関係について大調査!



B2m_1181192_2.jpg


貯金ができている人は痩せている。こう指摘するのは人気ファイナンシャルプランナー・丸山晴美さん。多くの女性たちのお金にまつわる相談を受け、その悩みに寄り添う『お金が貯まるダイエット』(マガジンハウス)などの著者も好評だ。

「もともと、私も浪費家で、お金が全然貯まらなかったんです。その頃は、痩せたりリバウンドしたりを繰り返していました。でも、20代の時に考え方を改めて、節約や貯蓄を行うようになってからは、特別なことをしなくても痩せられるようになりました。使う時は使う、食べない時は食べない、など、お金の管理とダイエットにはメリハリが大切。ダイエットと貯金には、共通点があるんです」

ちなみに、借金問題などを抱える、話題の貧困女子の多くは、太め体型の人が多いとか。それを丸山さんは、「浪費グセと太りグセは似ています」と分析。メリハリが効いた出費や食事摂取ができていないから、どんどん体型も生活もだらしなくなっていくとか。そのポイントを以下に紹介します。

★ちょこちょこ買いが多いひとは、無駄にアレコレ食べていることが……
無意識にコンビニに行き、お菓子や菓子パンを買ったり、レジ横のチョコや羊羹をつい買う人はご用心。「1回ごとの出費やカロリーは小さくても、つもりつもるとスゴイ金額になります」

★言い訳出費が多い人は、自分にごほうび食いをする人、多数!
仕事を頑張ったからタクシーに乗る、マッサージに行く、スイーツを買うなどの消費傾向がある人は、食生活も見直して。「食事を我慢したからお菓子を食べるなど、ごほうび食いの習慣があることが多い。自分に言い訳していないか、よく考えて」

★安いことを理由にまとめ買いする人は、バイキングで爆食い傾向が!
お金持ちがお金を使う理由は、“必要だから買う”のだとか。思い切った投資ができるのは、日常生活の中で必要かどうかを見極める訓練ができているから。「安いから、お得だからとお金を使う人は、人生において大切なものを見失いがち。心と体が満たされていないと、すぐに別のものがほしくなってしまうんですよ」

では、この改善方法と予防策はどうすればいいのでしょうか?
「自分を知ることです。例えば、コンビニでお菓子やジュースを買ってしまうクセがあるなら、“必要なものがあるとき以外は、立ち寄らない”と意識改革を。自分の弱点を把握すると、行動が変わってきますよ」



なるほどね。納得です


ランキング参加してます


応援ポチ励みになります





人気ブログランキングへ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ
にほんブログ村

スポンサーサイト