蛭子能収「若い女の子の“男が女におごるのは当然”っていうスタンスが気に入りません!」

でぃなー



どうも、漫画家の蛭子能収です。

今どきの素人娘について、オジさん代表の僕が感じたことを

好き勝手に書かせてもらうコラム

「蛭子能収のシロウト娘観察日記」第2回になります。今回は

若い女の子の“お金”に関する考え方についてです。

20151215-01006957-sspa-000-view_convert_20151216144641.jpg



僕自身の話をすると、ローンを組んだり借金をするのがとにかく嫌なんですよね。

だから欲しいものは、お金を貯めて現金で買う主義を貫いてきました。

そもそも高級なブランドものとか車が欲しいっていう物欲がないんですよ。

人生で一番大きな買い物は1億円で購入した家ですけど

これも一括払いです。まあ、昔は芸能界のギャラが良かったこともあっ

、最高月収が2千万円なんてときもありましたからね。仕事はあくまでも漫画家が本業ですけ

、これはなかなか儲からないんですよね。他にも上京してからたくさんの仕事を転々として

やっと稼げる芸能界の仕事にたどり着いたっていう感じ。

 そんな僕の経験からすると、素人娘が「男は女におごるのが当然」っていうスタンスがまず気に入りません。

そりゃ僕だってTPOで事務所のスタッフの女の子にごちそうすることもありますよ。

でも、それは普通の定食屋とかファミレスの食事代程度で

高級レストランの料理なんておごったことはないです.


ましてやプレゼントなんかも、結婚した奥さん以外に贈ったことはありません。

 男と女は稼ぎが違うっていう意見もあるかもしれませんが、自分のことは自分のお金でやりくりする

男がおごったりプレゼントするのは結婚相手だけにすべき……っていうのが僕の考え

。一生懸命働いて稼いだお金は、自分や奥さんたち家族のために使いたいんです。

素人娘のみなさんも、自分のお金で出来る範囲の生活を考えたほうが良いと思います。

 あとは、若い素人娘の口から「愛人」っていう言葉が出てきたのには驚きました。

「愛人やってる友だちがいる」とか「愛人契約を持ちかけられたことがある」

って素人娘がいたんですよ。

特に月1千万円で契約しないかって言われた女の子には言葉が出ませんでした。

愛人を囲いたい男のほうにも問題がありますけど、

それを身近なものにしちゃってる女の子にも警鐘を鳴らしたいですね。

お金欲しさに愛人なんてやってたら、まともな人生を歩めなくなりますよ。

 ただ、愛人契約を持ちかけられた女の子は

丸顔でオッパイがHカップもあって

僕の好みのタイプど真ん中ではありました。だからと言って

僕は「愛人にならないか」なんてことは言いませんけどね。

 ちなみに、お金に関する僕の話でもうひとつ。

僕は競艇好きで知られていますけど

これはギャンブルの高揚感がたまらないとか

道楽でやってるわけではありません。

純粋にお金を増やしたいからなんです。

だから、いつも競艇の予想は真剣ですよ。

みなさんもお金は大切にしてくださいね。

 今回、蛭子さんの話した素人娘のエピソードは

web番組『シロウト女子のえびす裁判!』でご覧いただけます。

68歳にして初めて蛭子さんがMCを務めた番組なので


ぜひチェックして笑ってあげてください。 <イラスト/蛭子能収>



昔、「愛人バンク」って流行ましたが


その後の10年という記事を読んで

「愛人生活」していた人は10人中10人


まともな生活している人はいませんでした。


大体がバブル弾けて、会社が倒産して

解雇され、お手当てが入らなくて

実家に帰ったとか


風俗で働いているとか

一番印象的だったのは


マンションを彼女名義で買ってもらったのは

いいが、固定資産税を払えなくて

差し押さえて、家を追い出された。

(本妻にバレて)


あと、愛人だった時代に子供(愛人の)

ができて男性に認知してもらったのは


いいが、事業がうまくいかず

夜逃げされた。

約束した、養育費が

払ってもらえず、弁当屋のパート

で働いている。

女子大生時代に

キャバクラでバイトをしていた時

知り合った男性と、愛人契約。


彼は、妻子持ち。

しかし、彼の実家が有名な資産家のお坊ちゃま。


彼女は、都心の新築マンションに住まわせて

彼女の欲しい物や生活費を全て出していたんだとか。


彼女は、公務員なんだけど


こんな彼にそんなことされたら

まともな結婚なんかできません。

婚活しているけど理想はその愛人のような

男性。

身の程知らずなことになっています。



彼女たちが夢見るのはこんな結婚です。


アジア1の美貌。アンジェラベイビー"推定38億の結婚式"の全てが桁外れの美しさだった

かっぷる

男性に愛されたいですよね


uploaded-1.png

cached-1.jpg


uploaded.png


cached-2.jpg

アンジェラ・ベイビーはアジアで1番綺麗ではないよ。

整形してるし、花嫁修業なんか知らないでしょうし

なんてったって、純粋なアジア人ではなく、クォーターですから。

このカップルも、いつまでもつかです。

あと、アドバイス。

男性は、基本「ケチ」です。どうでもいい人にお金や

時間は使いません。


この愛人話も結局は


「男は若い女が好き」

歳をとった女は女房でもない限り


地に落ちたゴミのように

捨てられるのです。

1度楽な道を選んだら

その先に待っているのは

「いばらの人生」です


img_1709436_32249434_1_convert_20151216152233.jpg


お金は自分で汗水たらさないと

稼げないし、貯まらないものです。


ランキング参加してます


応援ポチ励みになります





人気ブログランキングへ


にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。