路上にいないホームレス 女性たちの「見えない貧困」



7182defabbb4cdc5fcffa1b19398a2da_content_convert_20151216132217.jpg


「待機部屋」で一日を過ごす


三上さん、38歳。三上さんには家がない。


東京と埼玉でデリヘル(派遣型性風俗サービス)を展開する風俗店「池袋デッドボール」に勤めている。顧客から指名が入るま

での「待機部屋」が、三上さんの “自宅”だ。


繁華街の片隅にあるマンションの一室。5人も入れば手狭になる1DKで一日を過ごす。仕事以外の用事で外出することはほと

んどない。


給料は歩合制だ。客が支払う6000円から1万円ほどの料金から店が仲介料を取った残りが、女性たちの手元に入る。仕事が

多く入れば1日2万~3万円を稼ぐことも可能だが、収入ゼロの日も多い。


三上さんが風俗業界に入ったのは16年前。23歳だった。以前はスーパーの店員として働いていた。

初めての一人暮らしで、家賃や生活費をまかなうので精一杯。洋服代や遊興費を工面するために軽い気持ちで消費者金融に

手を出した。額は多くはなかったが、借り入れは毎月続き、利子はどんどん積み上がった。


決定打は、友人からカネを貸してほしいとせがまれ、数十万円を融通したことだ。すぐに友人は音信不通に。

三上さんの借金の総額は400万円以上にもなっていた。スーパー店員の稼ぎだけでは到底返済できない。スーパーを辞め、

風俗に足を踏み入れた。


「自分が悪いのはよくわかっています。でも、親兄弟を頼ることはできませんでした。当時の私には、風俗しかなかった」





1450159752_1450159752_1450159745_mikami001_convert_20151216132141.jpg


住所不定から抜け出せない


<今日は 9:00 ~ 23:00 の受付予定です。お誘いお待ちしてます。三上>


30代後半になると、20代前半の時のように割よくは稼げない。体力的にも風俗だけでは限界に近づきつつある。


「でも、抜けられない。昼間の仕事に就けないんです。待機部屋で寝泊まりしているって、住所不定ってことですから」


仕事を探そうにも自宅がなければ取り合ってくれない。家を探そうにも門前払いだ。保証人もいない。


「夢、ですか? ないですね。あ、でも家賃3万9000円のアパートを見つけたんです。そこになんとか入れたら……

それが夢……かな」


路上では寝ていないから見えづらいが、三上さんは「ホームレス」だ。風俗という“セーフティーネット”が

彼女たちの貧困を覆い隠している。


住所不定なら仕事を探すこともできませんね。

そんな、行政は何を思う

ランキング参加してます

応援ポチ励みになります




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーサイト