何が出るかな飲料水「1本10円」自販機 大阪で話題に





AAg2IEL.jpg



「1本10円」で飲料を販売する大阪市福島区の格安自動販売機が

話題になっている




しかし、何が出てくるかは商品が出てくるまでの「お楽しみ」。10本以上もまとめ買いする人が続出し、1日2回の補充作業をしても追いつかないほどだ。賞味期限が迫るなどした不良在庫品を利益度外視で価格設定したという。“もったいない精神”を反映した自販機に、関係者は「福島の新名所に」と意気込んでいる。(芦田彩)

 この自販機は、市中央卸売市場(同区)から東約150メートルの卸売業者が立ち並ぶ一角に設置されている。

 商品内容を確認しようとすると、「有名ブランド飲料いろいろ 何が出るかお楽しみ!!」と書かれたパッケージが陳列されていた。実際に10円玉を投入して出てきた商品は、ジュースからコーヒー、お茶など多種多彩。大きさの異なる缶が出てくることもあれば、ペットボトルが出てくることもあった。

 設置したのは、主に食料品や飲料を取り扱う卸売業者「大阪地卵」。賞味期限が迫った飲料が大量に残っているのを目にして、釜坂晃司社長(55)が「安く販売すれば売れるのでは…」と思い立ったのがきっかけで、4年前から設置したという。

 この自販機で扱っている商品は、賞味期限が1週間以内のものをはじめ、商品をパッケージした段ボール箱が傷ついたり、へこんだりして出荷できなくなった不良在庫品。それでも、月に約3万本が売れることもあるほどの人気ぶりだ。

 しかし、不良在庫は突発的に発生するため、商品の補充が追いつかないこともある。その場合は、通常の商品で対応している。このため、利益はほとんどマイナスだが、釜坂社長は「何よりも、10円で販売することでお客さんに喜んでもらえるのがうれしい」と笑顔を見せる。

 自販機前には次々に購入客が訪れ、中には40本近くまとめ買いする姿も。気がつけば「売切」の赤いランプがあちこちで点灯していった。大阪市阿倍野区から来たという会社員の男性は「近くを通るたびに10本ほどまとめ買いしています。気に入った商品が出てきたときは、“二匹目のドジョウ”を狙って20本購入したこともあります」と話していた。

 釜坂社長や購入客によると、「そのコーヒーはどのボタンを押したの?」「今日はお茶しか出ないなあ」「今度は何時ごろに商品補充を行うのか」などといった購入客同士の情報交換も行われているという。

 「昔のように近所の人と気軽に会話をしない世知辛い世の中になったが、自販機前で懐かしい光景が見られるようになった。ちょっとでも社会貢献しているように感じます」と釜坂社長。今後は、デザインを改良してより目立つようにする方針だ。



ランキング参加してます


応援ポチ励みになります





人気ブログランキングへ


にほんブログ村 その他生活ブログ やりくり生活・やりくり術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。