趣味に関する出費は節約すべき? 正しい趣味との向き合い方とは


しゅみ4


節約節約と言っていても、なんでもかんでもお金を使わないようにしていては、「何のために働いているのか分からない」ということにもなりかねません。

特に趣味に関しては、「これのために働いているんだから節約は考えたくない」という人も多いのではないでしょうか?

もちろん、十分な資産がある、一定のペースで貯蓄できているという方であれば趣味にかかるお金を気にすることはありません。ただ、貯蓄ができていない、将来に不安があるという人は、趣味に使うお金についても考えておく必要があります。

趣味にいくらかかっているか把握していますか?

しゅみ_convert_20151021131648




「20万円ぐらいかな~」なんて予想はできると思いますが、実際に計算してみると、思いのほかお金がかかっている可能性があります。

カメラを買ったとかライブのチケットを買った、という金額は多少覚えていても、カメラ以外のこまごまとした備品の購入費用や、イベントに出かけるための交通費なんかは覚えていないのではないでしょうか。

一度、年間でいくらぐらいお金がかかっているのか、振り返ってみることも大切です。クレジットカードで買っている人なら明細を見返してみましょう。現金で買っている人だと「レシートなんて残っていない」ということもあると思いますので、今後1年間は意識的にいくらお金がかかっているのかを計算してみることをおすすめします。

趣味にかかるお金にも上限を設けよう

しゅみ2_convert_20151021131722


「もっとカメラが欲しい」とか「車をカスタマイズしたい」とか、比較的お金がかかりやすい趣味をお持ちの方だと、趣味にかけるお金に上限を付けることも必要です。収入には限りがあるのですから、趣味に際限なくお金をかけることはできないのです。

上限は年単位で

「趣味のお金は1か月いくらまで」と決めるのはおすすめしません。趣味にかかるお金は月によって変動が大きいことが多いですし、年単位で決めた方が予算内におさめやすいのです。

分割払いはしないor現金主義で

高額なものを購入するときにも、ローンを組んだり、クレジットカードの分割払いを利用することは禁止にしてしまいましょう。また、クレジットカードで買い物をするとつい高額なものを買ってしまうという人は、現金で支払うようにしてください。欲しいものがある場合はお金を貯めて、現金で買うようにするのです。

趣味のために他を節約することも考えよう

しゅみ3

しゅみ4


お金をかけずに気晴らしできる人はそういません。

しかし、もっとお金がかかりやすい趣味をお持ちの方は、存分に趣味を楽しむために、他のところで節約する、ということを考えてもいいでしょう。

まずは必要な貯蓄分を確保する。その後、最低限必要な生活費を確保する。その生活費の範囲内できちんとやりくりできれば、趣味に使えるお金も増えるということですよね。

趣味にかかるお金も節約した方がいい場合もありますが、まずは趣味以外の支出について節約を実践する方が趣味にむやみに制限をかけなくて済むのではないでしょうか。

趣味ぐらいは自由に楽しみたいものですが、現状としてお金が貯められていないという人は、一度趣味にかかっているお金を把握し、必要であれば使えるお金に上限を設けるなどの対策もした上で家計の範囲内で趣味を楽しむように心がけたいです。



ランキング参加してます


応援ポチ励みになります





人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ
にほんブログ村

スポンサーサイト