つまらないことをすればお金が貯まる!・2



man12090.jpg



つまらない人は貯まる人! 銀行やカードとのつきあい方






709960i_convert_20151002095832.jpg


自分が当たり前だと思っているやり方を見直し、つまらない人のやり方を参考にすれば、お金が貯まる!というコンセプトで始めた「つまらない人」シリーズ第2弾です。つまらない人はガッチリした人が多いですから、彼らの習慣を真似ることができれば、あなたもきっとお金が貯まるはず!

前回は「つまらない買い物の仕方」を4つあげてみました。どれもつまらないといえばつまらないのですが、締めるところは締め、お金を使うときはドンと使うほうが「気持ちいい買い物」だったりするんですよね。ヒントになるところがあればぜひ真似してみてください。

(つまらない買い物の仕方)
  ●外食しないで家で食べる
  ●中古を最大限活用し、古いものを長く使う
  ●衝動買いせず吟味を重ねて値頃なものを買う
  ●背伸びせず自分にちょうどいい値段のものを買う

今回は「つまらない銀行・カードの使い方」を紹介します。銀行やカードとのつきあい方につまらないやり方やトクするやり方があるの?なんて思っている人はぜひ読んでみてください。

(つまらない銀行・カードの利用法)
  ●ATM手数料は払わない
  ●お金をおろすときは少なめにおろす
  ●クレジットカードは一括払い以外使わない
  ●メインバンクにお金を残しておかない

(つまらない運用方法)
  ●ボーナスは半分しか使わない
  ●デイトレードはせず長期投資に追加投資をする
  ●アクティブファンドは買わず、インデックスファンドを買う
  ●発売されたばかりの新しい商品は買わない




つまらない5:ATM手数料は払わない
「つまらない人」はATM手数料を絶対に払いません。ATM手数料を払うことはムダでしかないと知っているからです。

ATMはたくさん増えました。今ではコンビニや駅のコンコースなどにコンパクトなATMが設置されていますので、銀行の支店に立ち寄らなくてもお金をおろすことは簡単です。

利用時間も拡大しました。かつては平日の9時から午後6時までしか使えなかった機械がほとんど24時間利用できます。便利な世の中になったものです。しかし裏返せば便利の代償としてコストがかかります。

ほとんどの人はATMのコストを気にしていません。しかしこれだけ金利が低い中、ATM手数料はとても高いものです。0.2%の金利でも10万円につく利息は1年あたり200円です。税金が引かれるとなんと手取りは160円! 土曜日にATMをたった一回使えば210円とられるわけですから、銀行とあなたの関係において、あなたが有利になるためにはATM手数料は払っていけないことが分かります。

まず、第一の対策としてはATM手数料のかからない時間帯におろすことです。ATM手数料がかかるのは「時間外手数料105円」「夜間手数料105円」「他行手数料105円」などです。つまり、休日の夜中にコンビニのATMでおろすのが最悪の無駄遣いというわけです。日中に支店のATMを利用するだけでこうしたムダはほとんどなくすことができます。

第二の方法としてATM手数料のかからない口座にする方法もあります。どうしても時間内におろせるとは限らない場合、ATM手数料がかからない口座にすればいいのです。都銀の多くは給与振り込み口座等を優遇するサービスを用意しており、条件が合えば簡単な手続きでコンビニATMを無料にできます。利用できる人はすぐ手続きをするべきです。あるいは新生銀行や一部のネットバンクのように誰でも手数料無料にしている銀行を選ぶこともできます。ただし、無料になるコンビニが限定されている場合もあるので、それぞれのHPなどで確認をしておきましょう。

私もコンビニATMはよく利用しますが、ATM手数料は1円も払っていません。都銀のカードはポイントサービスで無料、新生銀行のカードはセブンイレブンで無料、ソニー銀行のカードはam/pmで無料、といった具合です。ちょっと考えるだけで、大いなるムダを排除することができるのです。

お金をおろすとき、彼女の前でスマートに見せたいからと近くのATMでおろすより、少し歩いてでも無料のATMでおろす方がかっこいいと思いますよ。もちろん、事前におろしておけば、もっとかっこいいですね!



つまらない6:お金をおろすときは少なめにおろす
「つまらない人」はATMからちびちびお金をおろします。そのほうがお金を無駄遣いしなくてすむからです。財布はいつも軽い生活をしています。

お財布に、たくさんお金が入っているのは気持ちがいいものです。気持ちがいいとついつい財布のひもも緩みがちです。結果的にまたすぐにATMでお金を補充することになってしまったりします。繰り返すようではお金は貯まりません。

今はいろんなところにATMがありますし、クレジットカードを使える場所も多いですから、どうしてもお金が必要なとき、おろす場所に困ることはほとんどありません。逆にいえば手元にどうしてもお金をもっておく必要はないということです。むしろ盗難にあえば現金は全部なくしてしまうおそれがあります。自分の生活圏内にあるATMを把握しておき、ATMと仲良しになるといいでしょう。

そして、お金をおろすときは少なめにおろします。たとえば「今日は2万円おろそうかな」と思ったら「8割の1万6千円だけおろそう」と考えます。9割ですとあまり違いが出ませんし、7割だと少なすぎることもありますので、8割がいいと思います(これは私が試行錯誤してみた結果なので自分によい割合を探してもいいでしょう)。

私も昔はなかなか貯金できない生活でしたが、このやり方で貯められるようになりました。「たかがそんなことで貯まるわけない」と思う人はぜひ一度チャレンジしてみてください。毎回数千円少なくおろしても、おそらく生活にはほとんど影響がないはずです。軽い財布で暮らしても本当に必要なものは買うでしょうし不都合もあまりないはずです。

もし、そうした生活を1カ月続けることができれば、あなたの口座には給料の2割が残ることになります。そこまでうまくいかなくても1割くらいは残るかもしれません。1年間をこのペースで続けて、年収の1割を貯金できればしめたもの。あなたは「つまらないやり方で数十万円貯める人」の仲間入りです!

もちろん、その分は貯めておかないとダメですよ。給料日の前日に使い切ってしまうことのないように!




つまらない7:クレジットカードは一括払い以外使わない
「つまらない人」はクレジットカードを極力使わないようにします。あるいは使う場合も一括払いにこだわります。大きな買い物をしたときも分割はしません。

分割払いやリボ払いは私たちにとってとても便利なシステムです。大きな買い物をしても一回あたりの負担を減らすことができますし、リボ払いですと借入残高が数十万円あろうと毎月の負担は1万円程度ですみます。ところが我々の便利は金融機関の儲けに他なりません。

2回以上の分割払いをすると、年率にして10%程度の分割手数料が私たちにかかってきます。10万円の買い物も支払総額は11万円になる感じです。トクであるはずがありません。他店より1000円安い買い物をしても、分割払いで台無しになるわけです。リボ払いはもっと最悪です。借入残高全体について利息がずっとかかり続けてきますので、10万円の買い物は11~12万円になったりします。途中でまたリボを使えば金利はまた上がります。便利の代償に支払うコストは高いものになるわけです。

また、分割払いやリボ払いは衝動買いともつながってしまいます。「毎月の負担は○万円だから」と言い訳をして、衝動買いを許してしまうわけです。前回も述べましたが「つまらない人」は衝動買いをしなくても満足できる買い物をするのです。

一括払いか現金払いしか選択しない生き方をしていると、今あるお金の範囲でやりくりする癖が身に付きます。大きな買い物については事前に積み立ててから買うようにすれば、計画性も身に付きますし、金利もかかりませんのでおトクです。

そしてこうした生活を続けていると気持ちが「スッキリ!」してきます。宵越しの借金がないと同じ空を見上げても気持ちよさが変わってくるのです(本当です。ぜひ一度お試しを!)。つまらない人ほどスッキリした生活ができるし、つまらない人ほどお金にムダのない有利な生活ができるというわけです。



つまらない8:メインバンクにお金を残しておかない
「つまらない人」は見える範囲にお金をおきません。おいておくとつい使ってしまいたくなるからです。つまらない人はメインバンクにお金を残さないのです。

給料日前にメインバンクに数万円残っていたらどうなるでしょう。使いたくなるのは当たり前です。「給料日に残っていたお金を貯金する」という計画は絶対にうまくいかないものです。使い切るように無意識にコントロールしてしまうからです。

あるいは給料日当日に銀行の残高がたくさんあるのを見るとどうでしょう。心が大きくなった気分になり、何かどーんと買い物をしたくなります。1カ月仕事をがんばったご褒美も大切ですが、いつもいつも無駄遣いをしていては何も残りません。もっと賢くいきたいものです。

対策としては、メインバンクから別の銀行口座にお金を移しておくことが有効です。額縁やタンスの裏に隠すへそくりではありませんが、いつもあまり見ていないところに移すのです。たとえば、同じ銀行でも普通預金の口座から定期預金や積立預金の口座にお金を移せば、見えるところ(普通預金)の残高はなくなります。

あるいはいったんおろして別の銀行の口座に振り込んでおくともっと有効です。いつもは使わない「隠し口座」を用意しておき、そこに入れておくわけです。残念ながらスイス銀行とはいきませんが、秘密気分を楽しめるといいでしょう。

私の場合、メインバンクの他に「絶対おろさないぞ口座」と「めったに使わないぞ口座」があります。「絶対おろさないぞ口座」には基本的にはおろさなくてすむ無理のない金額を毎月給料日に振り込みます。自分でやるのは面倒ですが、他行への振込手数料を払うのはもったいないので銀行と銀行を移動して振り込みをします。「めったに使わないぞ口座」については一定額をメインバンクに残しそれ以上のお金を移しておきます。「絶対おろさないぞ口座」の残高が徐々に増えてくるのを見るのはなかなか楽しいものです。資産運用ではメンタル・アカウンティング(心理的なお金の区分)が不効率になることが多いのですが、「貯め始める」のレベルでは有効です。

もし、こうしたスイッチを自動的に働かせたいなら、ちょっとした手続きをしておくのも有効です。銀行であれば積立預金(積立で投資信託を買うプランもあります)、会社がやっているなら財形貯蓄を利用すれば、給与振込日に自動的に引き落とし(財形は天引き)されますので、確実に貯められます。ちなみに、この戦略、「おろすのが面倒な口座」ほど効果を発揮しますので、財形年金や個人向け国債の購入、証券口座の活用などは有効です。

つまらないけれど確実なやり方をしている人ほど、上手にお金が貯められるのは間違いありません。あなたも「つまらない人」になって銀行とおつきあいしてみてはどうでしょうか。

お買物する前に…

例えば、げん玉経由で楽天ショップで3,000円の加湿器を購入したら・・・

げん玉で300ポイントGET!
さらに楽天でも30ポイントGET♪

げん玉と楽天ポイントがW【ダブル】で貯まってとってもお得♪

他にもYahoo!ショッピング、ベルメゾンなど有名ショップが多数掲載!

げん玉で Lst's ショッピング♪

↓↓ココから登録すると250ポイントもらえるよ!!





ランキング参加してます


応援ポチ励みになります





人気ブログランキングへ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。