「ムダ遣い」「衝動買い」を無理なく抑える方法


ちゅうどく



放っておくと暴走しかねない消費欲を抑えるためには


「これだけしか使えない」という予算枠を厳密に設けること。


おうお


「そんな予算を守れるくらいなら苦労しねーよ」という声が聞こえてきそうだが、200世帯を対象にSPA!が実施したアンケートで貧乏から脱出した成功者たちは次のような“強制的”メソッドを用いていた。

「コンビニでちょいちょい要らない買い物をしてしまう悪いクセがあったんですが、3000円のクオカードを毎月1枚買って、その範囲内でだけ買ってもいい……というルールを設けたら、割とあっさり、ムダ遣いがなくなりました」(39歳・自営業)

 コンビニ全面禁止……みたいな厳密すぎるルールを設けてもストレスが溜まるだけ。息の抜きどころをつくることが肝心だ。ただし、オートチャージできるカードではこの“上限”が機能しないので注意。毎回、限られた額を自分の手でチャージするからこそ、ムダ遣いの抑止力にもなる。

 先ごろ、詐欺事件がらみで話題になった百貨店の「友の会」システムも、ほどよく物欲を満たすのには打ってつけだという。

「実家のオカンが伊勢丹の“お買い物カード”をくれたのがキッカケ。毎月5000円を12か月分積み立てたら、1か月分上乗せした6万5000円分のお買い物カードになるんです。これがなかなか使いでがあって。贅沢品はこの範囲内でなら買ってもいいと決めて積み立ててます」(38歳・サービス)

 衝動買いをなくすために、「買い物はネットで」と決めている人も。

「ネットショップで欲しいものを見つけたら、とりあえず『買い物カゴ』に入れて、いったん放置。衝動買いって流しそうめんに似てるんですよ。特にお腹がすいてなくても、流れてきたらなんとなく止めちゃう。衝動買いも同じで、反応することと、実際の物欲は必ずしもリンクしていない。リアル店舗では“反応=即お買い上げ”になっちゃいますが、ネットなら“反応=とりあえず『買い物カゴ』に入れる”というタメが利く。そのうち、なんとなく欲しくなくなるんですよね。いつの間にかセールになっていることもよくありますし」(42歳・イラストレーター)

 衝動買いでありがちな失敗が「ボーナスをアテにする」というもの。いざボーナス時期になったときに別に急な入り用ができたり、ボーナスそのものが出なかったりすることも大いにあり得る。

「一度それで失敗したあと、その次のボーナスは全額封筒に入れて手元に保管していました。さらに次のボーナスが出てから、ようやく使うのを解禁。こうやってボーナスを“繰り越す”ことで、衝動買いはなくなりましたね。使える金額が明確に決まっていると、その中で何を買って何を諦めるか……というシミュレーションを必然的に行うので、欲しいものを見境なく買うことはなくなるんです」(43歳・金融)

 消費欲はなかなか“自制”できないもの。“ルール”こそが成否を決める!


1442325478A63CZ5XcUx1ubnV1442325432.gif


<これで“消費欲”が抑えられる!>
・予算の上限を厳密に決める
・プリペイドカードを活用する
・百貨店の友の会を活用する
・店頭ではなくネット通販で買う
・ボーナスは1回分繰り越す

― [中流でも貧乏]から脱出する方法 ―


私は、個人的に買物は


「ネット」では、きえものにしか


買いません。靴や服も買った経験


がありますが、NGですね。


ランキング参加してます


応援ポチ励みになります






人気ブログランキングへ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい貧乏生活へ
にほんブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

トラックバック

「ムダ遣い」「衝動買い」を無理なく抑える方法 - サイレント・プア(私の場合)

「ムダ遣い」「衝動買い」を無理なく抑える方法 - サイレント・プア(私の場合)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。