「お金が貯まる人」と「なくなる人」の違い・1


ぴんくさいふ


「長財布を使うとお金が貯まる」とか、「財布のなかでお札を同じ向きに揃えるとお金が貯まる」とか、テレビやネットでは「お金が貯まる習慣」がさかんに取り上げられています。しかし『お金が「貯まる人」と「なくなる人」の習慣』(山崎俊輔著、明日香出版社)の著者は、ファイナンシャルプランナーという立場上、それらに違和感をおぼえるそうです。


BBloXEK.jpg



なぜならそうした行動が、「貯まる人」になる理由とセットになっていないから。そしてお金を貯めるために「努力」や「ガマン」や「才能」が必要だというわけではなく、ほとんどの問題は「発想の転換」と「自動化」によって解決するから。むしろ重要なのは、発想や行動の転換につながる「習慣」を示すこと。根拠のある「お金の貯まる習慣」さえ実行できれば、誰でも「お金がなくなる人」から「貯まる人」に変われるということです。

そのような考え方に基づき、本書では50の「お金が貯まる習慣」が紹介されています。しかも難解ではなく、誰でも実行できるものばかり。習慣を身につけることができれば、効果が確実に現れるといいます。2章「お金が貯まる思考回路編」から、いくつかを引き出してみましょう。


「お金が貯まる人」は、「自分は普通の人間だ」と考えるもの。一方、「なくなる人」は根拠のない自信を持つもの。著者はそういいます。少なくともお金に関していえるのは、「自分にはお金のセンスがある」と思っている人の大半は「なくなる人」だということ。そうしたスタンスは投資で失敗する可能性を高めるばかりで、戒めが必要だと説いています。

そして投資に限らず、自信過剰な人は、自信があるからこそ将来の備えを怠りがち。逆に、自信過剰に陥らないからこそ、いますべきことにコツコツと取り組むのが「貯まる人」。道徳の話のようでもありますが、自分の能力について冷静かつ客観的に評価することはとても大切。そこで、謙虚さが問われるということです。

そして、「ほとんどの人は『普通の人』」だということに気づくべきだとも訴えています。仕事においても過程においてもスーパーマンだというわけではなく、だからこそ資産形成においてもスーパーマン幻想から抜け出す必要があるということ。

「ある日いきなり何千万円も稼ぐビジネスマンになる」ということもなければ、スーパートレーダーとなって何億円も稼ぐ」ということもない、そう覚悟したうえでお金の貯め方や増やし方を選択する必要があります。(50ページより)


ただし謙虚になることはつまらないことではなく、むしろ謙虚な人ほどプラスになる部分もあるのだと著者。たとえば投資においては「無理なリスクを取らないこと」ができるため、相場が大きく下がったときなどでも資産をきちんと守ることが可能。年収がまだ低いため余裕はないとはいえ、少額でも毎月確実に積み立て預金を行う人は「貯まる人」だそうですが、これは「ある日突然年収が2倍になることはない」と自覚しているからこそできること。地道に謙虚に積み立てを行った人は、最終的には大きな資産を確保し、経済的に余裕を持った人生を歩むことができるわけです。

つまり「貯まる人」は特別なことをしているわけではなく、誰でもできる当たり前のことをしっかりやっているだけ。一方「なくなる人」はつい、お金を貯めたり増やしたりする特別なテクニックがあるのではないかと考えてしまいがち。しかし、お金を貯めたいなら普通のことをするだけでよく、むしろ普通のレベルに自分が行き着くようにすることが大切だといいます。(48ページより)



都市伝説でも書いているのでしょうか?


続きが気になりますね



ランキング参加してます


応援ポチ励みになります






人気ブログランキングへ



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。