低所得・低学歴で不健康な状態に 生活不安でストレス、貧困で医療受けられず〈週刊朝日〉




所得、学歴の低さで不健康になるのが「健康格差」だ。低所得の下流老人は上流老人に比べ、死亡率は3倍、うつ状態のリスクは5倍に跳ね上がるという。さらに格差を感じることで上流老人でさえ不健康になるという。




tei1.jpg


実は1980年代中盤以降、日本人の所得格差は広がっており、経済協力開発機構(OECD)加盟の先進国のうち高いレベルにある。日本人の約16%が貧困状態にあると言われ、なかでも66歳以上の下流老人は約19%にのぼる。では、下流老人のほうが不健康になりやすい理由は何だろうか。

「社会階層と健康」を調べた東京大学などの研究グループは、所得や学歴が健康に影響するメカニズムを提案している。

 まず、そもそも「お金がない」ことが、直接健康に影響する。食事やサービスを十分に受けられなかったり、医療機関の受診をためらったりするからだ。

 1万5千人の高齢者を対象とした調査では、過去1年間に医療機関の受診を控えたと回答した人は、高所得層では8.1%だったのに対し、等価所得が年160万円未満の下流老人では12%だった。

 貧困問題に詳しいジャーナリストのみわよしこさんはこう言う。

「生活保護を受けてはじめて、持病の治療を開始した人が数多くいます。それまでは、たとえば虫歯で激痛があっても、貧困のために医療機関を受診できなかったのです」

 だが、お金の問題だけでは解決できないという。みわさんは続ける。

「貧困状態にあった人が生活保護を受けるなどして一定の生活ができるようになっても、それで解決するわけではなく、しばしば、お金ではどうにもならない問題が表面化します」

 所得や学歴が低いことは、さまざまな心理的なストレスをもたらす。

 東京大学などの研究からは、常にストレスを感じている人では、柔軟に物事を考えて行動するための脳の働きが悪くなっていることがわかっている。ストレスが直接健康に影響するだけでなく、脳の機能を変化させて、酒やたばこといった健康に悪い生活習慣も改めにくくなっているという。ほかにも、周囲との人間関係が乏しいことや、貧困家庭で育つと子供のころの低栄養や逆境などの体験によるストレスが、大人になっても影響することなどが指摘されている。

 では、所得も学歴も高い上流老人であれば、健康に生きられるのだろうか。そうではないと、健康格差に詳しい東京大学の近藤尚己准教授は言う。

「周りの人と自分の暮らしぶりを比べることで、不健康な状態になることも知られています。これも、健康格差のひとつです」

 愛知県在住の60歳代の専業主婦Cさんは、長く不眠やうつ状態が続いている。夫は中小企業の元役員で最近早期退職した。経済的には上流老人。だが、こう愚痴をこぼす。

「親戚の夫は社長。奥さんは服や食事を自由に楽しんでいるのに、私は我慢ばかり。夫が退職したら夫婦で世界一周をしようと思っていたのに、退職金は思ったより少なかった」

 約3万3千人の高齢者を対象にした追跡調査を分析した近藤准教授らの研究では、自身の所得にかかわらず、「自分よりもお金持ちの人と自分の所得との差が大きい」人ほど、その後、心臓病や脳卒中などで死亡するリスクが高まっていた。

 人は、周りと自分を比べてみじめさやねたみ、あきらめといった負の感情である「相対的剥奪感」を抱く。それが不健康につながるというのだ。

 格差が広がることで、下流老人ばかりか上流老人さえも、健康状態が悪くなる可能性があるというわけだ。健康格差は誰にとっても対岸の火事ではない。


これでは、生き地獄です。だんだん、アメリカに似てきましたね。

刑務所の受刑者のほうが、待遇がいいのっておかしいですよ。

ランキング参加してます


応援ポチ励みになります。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 質素な暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーサイト