結婚直前に突然の病、愛する君よ僕は待つ 8年越し挙式


hqdefault.jpg


突然の病気で数年間意識がはっきりしない状態が続いていた岡山県の女性が、徐々に回復し、昨年12月に結婚した。相手は倒れる前に婚約し、家族同然に闘病を支えてくれた男性。8年越しの結婚式だった。

 昨年12月、岡山市内の結婚式場。ウェディングドレス姿の中原麻衣さん(32)は車いすから立ち上がり、両親に支えられてゆっくりバージンロードを歩いた。その先では、新郎の中原尚志(ひさし)さん(34)が見守った。


 昨年12月、岡山市内の結婚式場。ウェディングドレス姿の中原麻衣さん(32)は車いすから立ち上がり、両親に支えられてゆっくりバージンロードを歩いた。その先では、新郎の中原尚志(ひさし)さん(34)が見守った。

 2人が婚約したのは、結婚式の8年前の2006年7月。1年間の交際を経て、尚志さんがプロポーズ。翌年3月、この式場で挙式の予定だった。

 ところが、式まで3カ月余の06年12月末、麻衣さんに異変が起きた。直近の記憶がなくなり、真夜中に奇声を上げるようになった。脳外科を受診したが、原因は不明。精神科病院に入院中、一時は心肺停止にもなった。岡山大病院に転院後も昏睡(こんすい)状態が続き、けいれんしたり暴れたりした。

 数カ月後、発症例が極めて少ない「抗NMDA受容体脳炎」の疑いが強まった。細菌やウイルスから身体を守るはずの免疫系が自分の脳を攻撃することで、幻覚を見たり呼吸が弱くなったりした後、無反応の状態などが続く。発症率は100万人に0・33人とされる。

 適切な治療が始まると、呼びかけに反応できるようになるなど、少しずつ快方に向かった。08年から3年ほどかけて、自分の名前を漢字で書き、感情を出せるようになった。

 11年春に退院。自宅で過ごすうち、家族は認識できるようになったが、病室や自宅に頻繁に来て話しかけてくれる尚志さんのことは思い出せなかった。「何でいつもそばにおるん?」と疑問に思っていた。

 きっかけは、昔の手帳だった。07年3月11日に「結婚式」と書かれていた。「私、結婚しとったっけ?」。手帳には、2人のデートの予定やツーショットの写真シール。次第に記憶がよみがえり、交際相手だったとわかった。

 2人は14年6月、挙式するはずだった式場に連絡した。式場側も2人の挙式をバックアップ。担当したウェディングプランナーの久保田藍さん(28)は「信じられなかった。『復活や!』って喜びました」と振り返る。顧客ファイルを整理していて2人のことを知り、気になっていたという。

 式場の運営会社は、2人の許可を得て結婚式の様子やいきさつを動画にまとめ、「8年越しの結婚式」として動画サイト「You Tube」に投稿。再生は64万回を超えている。

 麻衣さんは「私が尚志の立場だったら、果たして8年間待てただろうかと思う。感謝している。これから幸せな家庭を一緒につくっていきたい」と話す。

 尚志さんは麻衣さんが寝たきり状態だったとき、ほかの女性を探すよう麻衣さんの家族に言われたが、あきらめなかった。「自分だけ普通の生活に戻るなんて考えられなかった。少しずつだけど日に日に良くなる姿を見ていたから、8年を長いと思ったことはない」

 麻衣さんは現在妊娠中で、近く出産予定だ。2人の物語は「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」という本になり、7月に主婦の友社から出版される。

これなら次回は「映画」になりそうですね。








感動の結婚式




ランキング参加してます


応援ポチ励みになります




人気ブログランキングへ






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
にほんブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村










スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。