広島ダイソーで売れまくる商品はこれだ!



100_convert_20150530104333


広島ダイソーで売れまくる便利グッズの正体

そこには「品位」を保つ努力があった



ダイソーにもそこのお店によって


個性がでている。今回は「広島」にスポットを当ててみよう。



BBkphNQ_convert_20150530104249.jpg



 世の中にあふれるさまざまな統計やデータ。これを基にしていろいろなランキングが作られるワケだが、中にはなぜそうなるのかの理由が、すぐにはわからないような"世にも不思議なランキング"がある。

 TBSテレビ『世にも不思議なランキング なんで?なんで?なんで?』(次回は6月1日よる7時<一部地域はよる8時>放送)は、そんなランキングデータの謎を解き明かす番組だ。「なんで△△が○位にランクインしているのか?」。その裏側を探ると、驚きの事実が次々に明らかになってくる。取材班が直面した不思議なランキングの一端をご紹介しよう。

 便利で快適な日用品が盛りだくさんの100円ショップ。中でも最大手は広島県東広島市に本社を構える大創産業。あの「DAISO(ダイソー)」である。そんなダイソーのおひざ元にほど近い、広島県呉市の「ダイソー呉レクレ店」では、不思議な商品が売れ行きランキングのトップに輝く。以下をご覧いただきたい。

 ■「ダイソー 呉レクレ店」人気商品ランキング

 1位:アイロングローブ
2位:イージーシーラー
3位:オリジナルブランド むき甘栗

 (出典:ダイソー2014年4月調べ)

 2位のイージーシーラーとは、いったん開封した袋入りのスナック菓子の口に熱を加えて再密封できる便利な道具。ステープラーのような形状の商品だ。3位のむき甘栗は、言わずと知れた天津甘栗の皮を最初から取り払ったおやつ。どちらも「ああ、なるほど」と思うだろう。

 しかし、この1位のアイロングローブは見慣れない人が大半ではないだろうか。アイロンはわかるがグローブって……? その謎を解明するため、取材班は広島の呉へ飛んだ。

 「呉レクレ」とは温泉施設や飲食店街のほか、カジュアル衣料品店「ユニクロ」や書店などを備えた複合商業施設。休日には多くの呉市民でにぎわう。そんなショッピングセンターの一角に「ダイソー呉レクレ店」はある。取材班はさっそく売り場へ。そして、お目当てのアイロングローブと対面した。見た目はスリッパのような、卓球のラケットのような形状。失礼ながらパッと見ただけでは「おお! これは確かに1位だ!」という感じはしない。では、これをいったい何に使うのか。

 アイロングローブとは、平たく言えば「手にはめるアイロン台」だ。洋服をハンガーに吊るしたまま、アイロンが掛けられるという優れもの。アイロン台を出す手間が省けるという、とっても便利な100円グッズだった。それにしても、数ある商品の中でアイロングローブが、なぜこの店でだけ突出的に売れるのか。

 まずは、現地で街頭調査をしてみた。意外にもアイロングローブをほとんどの人が知らない。当然持っている人もいない。地元を愛する広島カープファンに聞いてみるも、やはり手掛かりはつかめつず。こうなったら、売り場で確かめるしかない。

 売り場で張っていると、次から次へと大群のように押し寄せてくる軍団がいた。全員が同じ服を着ている。セーラー服。女性ではない。男性である。彼らは海上自衛隊・呉教育隊の一般候補生だった。わかりやすく言うと、海上自衛隊の新人さんだ。

 店員さんに聞くと「春の一定の時期にかなりまとまって売れる」と言う。広島県呉市は古くからの造船、製鉄の街。あの「戦艦大和」が作られたのもここである。そんな呉の街には、海上自衛隊・呉基地があり、その周辺には多くの海上自衛隊関連施設がある。

 それにしても海上自衛隊の新人さんが、いったいなぜ、アイロングローブを買いまくるのか。ダメ元で取材を申し込むと、まさかのOKが出た。

 取材に応じてくれたのは海上自衛隊の第1術科学校。ここでは、船で砲術、航海、潜水などの勤務に就く隊員に対して、専門的な教育を行っている。

 アイロングローブの謎を解くヒントは、朝礼で行う隊員のスピーチ中に見つけることができた。教官やほかの隊員達に向けてスピーチする中、教官達はなぜかいっさいスピーチを聞いていない。教官達が厳しい目を向けているのは、隊員たちの……セーラー服?

 教官たちがチェックしていたのは、アイロンの掛かり具合。シワのひとつも許されないという。それゆえに隊員たちは、セーラー服に毎日、アイロンをしっかり掛ける。そのために必要なのが、アイロングローブというワケだ。

 というのも、セーラー服は折り目が多いうえに、前や後ろに“あき”がない筒状になっている。普通のアイロン台では掛けにくいので、アイロングローブが欠かせない。教官が厳しく服を見るのは、身なりを整えて品位を保つため。これも立派な訓練のひとつなのだ。

 この日は、全校生徒が校長ほか隊長たちの前を行進する試験だった。
服装、歩き方、隊列すべてがチェックされ成績につながる。そして制服同様、厳しくチェックされるのが時間だ。隊員たちは時間どおり正確に行動しなければならない。もし時間に遅れようものなら、ものすごく怖い教官に……後はご想像にお任せする。

 アイロングローブは、そんな時間に追われる隊員にとって、素早く服のシワを取る必需品。「春にだけ売れる」のは、新人が一斉に購入するため。アイロングローブを入手したそのときから、呉の海上自衛隊員としての第一歩を踏み出すのである。

 それにしてもアイロングローブ。広島・呉のそれも自衛隊員のセーラー服向けでなくても、一般的な便利グッズとしてもっと普及してもよさそうな気もする。


広島に遊びに行ったときは、是非行ってみましょう。


掘り出し物が見つかるかも知れませんよ。




ランキング参加してます


応援ポチ励みになります






人気ブログランキングへ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

トラックバック

広島ダイソーで売れまくる商品はこれだ! - 幸せボンビーな暮らし

広島ダイソーで売れまくる商品はこれだ! - 幸せボンビーな暮らし