子供が親の年金を使い込み…介護問題



illust2181.png




年金を子が使う、遺言でしこり…認知症社会・反響編



AS2015052300210.jpg

息子に財産を使われ、「ゴミ屋敷」となった自宅で保護された認知症の夫婦(4月18日に記事掲載)。いまは施設で手を取り合って暮らす



4月から5月にかけて掲載した長期企画「認知症社会」の第1シリーズでは、判断力が十分でなくなったお年寄りをめぐる「お金のトラブル」を取り上げ、読者の方々から多くのご意見や体験談が寄せられました。その中から二つの事例を紹介します。トラブルを防ぐ手立てや支援策について専門家にも聞きました。



■年金の大半を子が使う

 埼玉県の行政書士の男性(71)は、認知症の親の年金などを子らが使ってしまう事例を伝えた4月18日の記事に感想を寄せてくれた。この行政書士は認知症の高齢者3人の成年後見人として財産管理や生活支援にあたっているが、記事と似たような境遇の家族を支援した経験があるという。

 2年前に後見を始めた80代の認知症の男性は、月約20万円の年金や1千万円以上あった預金の大半を50代の長男に使われていた。妻は10年以上前に亡くなり、親子2人暮らしだった。長男は通信販売や電器店で、高価な家電や時計などをよく買っていた。近くに住む長女の申し立てで後見人になった行政書士は、男性に特別養護老人ホームに入ってもらい、長男が年金を使えないようにした。

 長男は軽度の知的障害があり、ずっと親の収入に頼って暮らしてきた。父親が認知症になったことで、お金の使い方に歯止めがかからなくなってしまったようだ。今は生活保護などで暮らす。「家族が地域から孤立してしまうケースが多い。まわりが早めに長男を支援できればよかったが、子に障害や病気があると、親が外に出そうとしない場合も多い」。行政書士はそう感じている。(生田大介)

■専門家の声:親子あわせた支援が大事

 〈困窮者支援に取り組む大阪府豊中市社会福祉協議会のコミュニティーソーシャルワーカー・勝部麗子さんの話〉 息子や娘が高齢の親を虐待したり、お金を使い込んだりした場合、行政は親を施設などに保護して終わり、となりがちだ。息子らは「悪者」のレッテルをはられ、社会から切り離される。だが、それでは解決しない。そういう子たちも障害や病気を抱えたり、生活に苦しんだりしていることが多い。少しでも働いてもらうなど、社会参加を後押しすることが大事だ。

 4月施行の生活困窮者自立支援法は、困窮者の自立に向けた計画づくりを自治体に求めている。行政や社協、NPOなどが積極的に地域に出て、高齢者だけでなく、その子など家族にも目を向けた支援を進めるきっかけになると思う。

     ◇

■遺言巡り姉妹にしこり

 東京都の主婦(65)は、認知症の親が残した遺言をめぐる親族間トラブルについて紹介した4月26日の記事を読んで、「同じ苦しみを負っている」と体験を送ってくれた。

 94歳で亡くなった母の公正証書遺言の内容で、姉に不信感を抱いているという。遺言には、実家の土地や預貯金などすべてを、3人きょうだいの長女である姉に残すと書かれていた。

 母は一人暮らしだった。認知症の初期を思わせる言動がいくつかあった。注文する料理を決めたのに忘れ、店員を前に戸惑う。旅行の支度ができない。判断力は低下しているようだった。「姉が主導して遺言を作らせたのだと思う」

 母をよく訪ねていたのは姉だ。主婦には家族の事情があり、姉のようにはできなかった。それでも、できる限り会いに行っていた。

 母の死後に知った遺言の内容にただ衝撃を受けた。「私は母にとって価値のない存在だったのか。1円も残したくない、そんな存在だったのか」

 自分の子どもたちには、元気なうちに「財産は等分に分けるように」と話すつもりだ。死後に確実にその意思をくんでもらうため、子どもたちの前で遺言を書こうと考えている。

■専門家の声は:家族で早めの話し合いを

 〈弁護士らと連携して相続の支援をする会社「夢相続」の曽根恵子社長の話〉 認知症になると、財産をどう管理して子どもに分けるか、判断するのが難しくなる。親が元気なうちに相続の話をするのは難しいかもしれないが、早めに家族で集まり、親の意思や介護が必要になった場合の子どもの役割分担とあわせて、財産の使い方、分け方を話し合うのが良い。

 全員が同じように親への支援や介護ができるとは限らないので、普段から子ども同士でコミュニケーションをとり、親の状況について共有しよう。そうすれば「介護をした人に多めに」と譲り合う気持ちも生まれる。

 親の心遣いも必要だ。財産を譲る際は1人に偏らない方が良い。事情があって1人に相続させる場合でも、子ども全員の名前を遺言に書いて感謝の気持ちを伝えてほしい。


私も、母が50歳のときに脳梗塞で倒れて


その、後遺症で半身不随になり、車いすの生活を


余儀なくされました。その後


持病の「糖尿病」が悪化して


寝たきり状態になってしまいました。



母は、そのあとリハビリ施設に入ったのですが



そこで、とんでもない事件が起きました。


それは、父が母の口座に入ってくる


国からのお金を使い込みしていたのです。


挙句の果てに、父は自分のことを棚に上げて



リハビリセンターの職員のせいにしたのです。




それが、原因で母は、リハビリセンターを


追い出された。場所は北広島の高台にある


ところだ。ここでいえることは



「介護する人も、病院もお金の持ってない奴は



用無し」ということだ。


私は、母の介護は妹と2人で


交代でみていた。


若かったからなのか


苦にはならなかったような気がする。


しかし、問題は「介護」だけではないのだ。


新でもお金がかかる。


死亡診断書がないと、火葬もできない。


葬式だ、何回忌だと、お金がかかるものなのだ。



私が夫と母を同時に亡くし思ったことそれは



お金や不動産など


残さないで、死ぬことです。


人は、自分の存在を残しておきたい生き物。


それは「子供」でもあるし、「マイホーム」


貯金やお金、宝飾品などだ。


もめる理由はただひとつ。


そこには「下心」があるから。


人間、見返りを求める。


同居するのに将来「介護」してもらう


「何かしてたら、遺産くれるだろう」


上の姉妹の話ではないが


結婚をすると、息子だったわが子も


嫁さんに入れ知恵を入れられて


兄弟、姉妹の血縁関係はもろく崩れ去る。

逆に、嫁いだ嫁は、夫に入れ知恵されて


操られる。洗脳される


これから、子供をあてにしてはいけない。



50歳を過ぎたら、自分の稼いだお金は


全部使うことをおススメします。


でも、ライフのシュミレーションを


書いてこれからは「守り」に入るお金の管理を心



がけましょう。


cashflow9.gif




きょうもお付き合いありがとうございました。




ランキング参加してます


応援ポチ励みになります








人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。