本気になって稼ぐ



ふりー


「収入が170万円減っても今の方が充実している」



フリーランスを目指す“独立準備中女子”の生活


5bdd913e6b5ed8636de0cea33cabf5cb_convert_20150524194247.jpg



結婚・出産などのライフイベントによって変化する、女性の働き方。長く働き続けていくために、働き方の調整がしやすそうなフリーランスとして、独立して働く道を考えたことがある人もいるのでは? でも最初からそれ一本で働くには不安があったり、そもそも何をしたらいいのか想像がつかないもの。そこで実際に独立を目指している女性に、具体的にどのような準備をしている
のかを伺った。


■神田紗菜さん(仮名)/31歳
2年間広告代理店で新規営業を経験した後、IT企業に転職。契約社員としてマーケティングやセールスプロモーションを担当し、広告出稿やホームページ制作のディレクションなどを手掛ける。5年間勤務した後、独立準備に向けて退職。現在、事務系の派遣社員として働きながら、Webコンサルタントとして独立を目指している

■「長年この会社にいても先はない」
派遣の仕事をしながら独立を目指すことに

「前職では、希望していたマーケティングに携わることができ、やりがいもありました。人間関係も良かったですし、楽しかったですね。ただ、学歴重視の社風で、役員も男性ばかり。このままこの会社にいても、これ以上活躍するのは難しいと感じていました。『このままでいいんだろうか……』とモヤモヤしていたのですが、仕事でWebマーケティングのセミナーに参加しているうちに、Webコンサルタントなら独立して自分一人でもできるかも、と思うように。そんな折、地方で骨董品店を営む叔母から『海外へのビジネス展開を視野にECサイトを立ち上げたい』と相談されたことがきっかけで、Webコンサルタントのニーズを感じ、本格的に独立に向けて動き始めようと決意しました」

独立への意思を固めた神田さんは間もなく会社を退職。フリーランスのWebコンサルタントを目指すべく、叔母の骨董店のECサイト制作を手掛けながら、派遣の仕事をスタートさせた。

「前職は、週の半分は残業で帰宅できるのは22時過ぎ。残りの半分も飲み会に参加していました。それはそれで楽しかったし充実感もあったけれど、このまま会社にいたら何もできない。そこで、定時に帰れる派遣の仕事に切り替え、並行して実績作りや人脈作りをしていこうと考えたんです」

派遣社員として働く道を選んだ理由は「時間の確保」と神田さん。

「アルバイトの時給は派遣の半額以下ですし、社会保障もありません。残業の少ない会社の契約社員として働くのも魅力的ではありましたが、派遣社員の方が社内の飲み会も断りやすく、適度な距離感を持てると考えました。とにかく時間に余裕を持ちたかったので、自宅に近い職場で少しでも独立に向けて役立つような仕事を探したんです」

神田さんが選んだのは、自宅から歩いて通える距離にある、大手企業のマーケティング企画部署での事務職。商業施設の販促施策結果の取りまとめを主に担当しており、「実際に事例を見れるので勉強になっている」という。

■収入も安心感も前職の方が高かった
それでも今の生活に満足している

独立に向けて歩み始めた神田さんだが、具体的にはどのような準備を進めているのだろうか。

「最初は税申告や会社設立について調べながら、具体的なビジネスモデルを考えていました。人脈を広げるために、女性起業家の集まるセミナーに参加したりもしましたね。そのときに知り合った方からの紹介で案件をいただき、現在は独学でデザイン知識やITスキルを学びながら、個人の仕事も始めています」

以下は現在の神田さんのスケジュール。個人で請けている仕事は平日の出勤前と土曜日に行い、日曜日は自分の時間にしている。「今はまだ準備中なので時間に余裕がありますが、軌道に乗ったらきっと自分の時間は持てなくなるんだろうと思っています」と話す。

=====================
【平日のスケジュール】

5:00 起床
6:00 Webサイトの制作作業・顧客へのメール返信
9:00 家を出る
9:30 始業
17:30 退社
18:00 帰宅
21:00 就寝

=====================
 【土曜日のスケジュール】

6:00 起床
9:00 家を出る
10:00 コワーキングスペースで友人のエンジニアと仕事
19:00 帰宅
20:00 再び家で仕事をスタート
22:00 就寝

=====================

また、前職と現在の収入については下記の通りだ。

●前職の収入
年収500万円程度
●現在の収入
年収330万円程度
→派遣の仕事:月給約25万円、年収300万円程度
→個人の仕事:半年間で約30万円(1件10万円~20万円の案件を2件受注)

「この半年間で2件の案件をいただきましたが、今はまだ勉強中の身なので、金額を低く設定している状況。時給に換算して2000円程度になればOKとし、収入よりも実績作りをする期間と考えています」

現在の生活については、「収入は下がったけれどすごく満足している」と神田さん。

「率直に言えば、お給料や社会的な安心感は前職の方が圧倒的に高いし、チームで働く達成感や喜びも大きかったです。けれど、今の方が自分の仕事に対する納得感があります。前職では会社を通して仕事をするため、担当する領域も一部分のみ。会社の方針や上司に対して理不尽さを感じることもありましたが、個人で請けた仕事では、一から十まで自分で考えることができる。そこが大きなやりがいになっています」

独立するとなれば、生活への不安も出てきそうに思えるが、神田さんは「もう会社勤めに戻りたいとは思わない」と語る。

「会社に勤めていてもリストラや倒産の可能性はあるので、どちらにしろ不安はあると思います。自分としては今の生活の方が気持ちがラクになったし、残業や飲み会に時間を取られることもないので、有意義に過ごせていると感じます。もし失敗してしまったとしても、自分一人が食べていくくらいならどうにかなりますしね。しいて言うなら体調を崩してしまうことへの不安はあるので、何かしら保険には入るつもりです」

今後は月2~3件の受注を目指し、年内中に派遣の仕事を辞め、独立する予定だという。神田さんの場合はまず働き方を整えることから始め、派遣の仕事をしながら着実に独立への準備を進めているが、これはあくまでも一つの例。もし本当に独立を考えるのであれば、身近にいる独立準備中の人や独立経験者に話を聞いてみることから始めてみては?



わたしも、ブログを書いて今年で6年が経ちます。



いままでは、ただ書いているだけでしたが


これからは、稼げる手段を見つけて


スキルをのばそうと考えています。



憧れの「名古屋・愛知県」に移住するためには

にしお

いせ




もっともっと、成長しなきゃいけないから。




夢を叶えるために、挑戦します。



ランキング参加してます



応援ポチ励みになります







貧乏日記 ブログランキングへ



にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

トラックバック

本気になって稼ぐ - 幸せボンビーな暮らし

本気になって稼ぐ - 幸せボンビーな暮らし
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。