「匂いを見る少女」シン・セギョン、ナムグン・ミンに涙の訴え…JYJ ユチョンの反応は?


「匂いを見る少女」2話連続で自己最高視聴率を更新…「優しくない女たち」は水木ドラマ1位で放送終了


せんでん

SBS水木ドラマ「匂いを見る少女」が2話連続で自己最高視聴率を更新した。

視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、14日に韓国で放送された「匂いを見る少女」は視聴率9.5%を記録した。これは13日に記録した自己最高視聴率8.7%より0.8%上昇した数値だ。

一方、MBCの新水木ドラマ「メンドロントトッ」は第1話の視聴率より下落した。この日5.6%を記録し、前回の6.3%より0.7%下落した。

また、この日最終回を迎えたKBS 2TV「優しくない女たち」は12.0%を記録した。これは前回の12.2%より0.2%下落した数値だが、同時間帯1位の視聴率で有終の美を飾った。


うったえ



オ・チョリム(シン・セギョン)がクォン・ジェヒ(ナムグン・ミン)に「ヨミ・ミ班長(ユン・ジンソ)を殺さないで」と涙で訴えた。

14日に韓国で放送されたSBS水木ドラマ「匂いを見る少女」(脚本:イ・ヒミョン、演出:ペク・スチャン、オ・チュンファン)の第14話で、オ・チョリムはクォン・ジェヒのサイン会に行き「ヨム・ミ班長を殺さないでください。私を連れていく代わりにヨム・ミ班長を開放してください」と訴えた。

これに対してチェ・ムガク(JYJ ユチョン)はチョリムに腹を立てながら「ここがどこだと思ってるんだ。二度と一人で来たりするな」と怒鳴った。チョリムは「私のせいであなたの妹が殺されたんですよ。ヨム班長まで殺されたら、私は生きていけない」と涙をこぼした。

その後チョリムは再びジェヒの元を訪ね、「私を連れて行って、ヨム班長を放して」と訴えて注目を浴びた。

「匂いを見る少女」は人気ウェブ漫画をドラマ化した作品で、匂いが見える殺人事件の唯一の目撃者チョリムと無感覚症になった刑事ムガクのミステリアスなラブコメドラマだ。

さぁ、ラストスパートは目の前です



ランキング参加してます


応援ポチ励みになります







人気ブログランキングへ


にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。