JYJ ユチョン映画やドラマ・ファンミーテーングに「存在感」という匂いを漂わせる



yuchon0511.jpg



「JYJ」ユチョン、単独ファンミーティング9000席が5分で完売


ドラマの効果もあってか、ここにきて絶好調の


ユチョンです。




パク・ユチョン(JYJ)が単独ファンミーティングのチケット完売で熱い人気を証明した。

 ユチョンの所属事務所は11日、「2015 ユチョンファンミーティング『Housewarming party : Epi 2』が、チケット前売り開始と同時に4500席ずつ2日間で合計9000席が5分ほどで完売を記録した」と明らかにした。

 続けて「現在放映中のSBSドラマ『匂いを見る少女』の人気もあって、今度のファンミーティングに対する反応が大変熱い。去年開かれた誕生日記念ファンミーティングに引き続きことしも、相変らずすごいユチョンの人気をうかがうことができた」と述べた。

 そしてチケット販売の関係者は、「現在ドラマ『匂いを見る少女』で大きな声援を受けているユチョンのファンミーティングに海外ファンの反応が特に熱かった。海外IPからの接続者が急増し、チケットを入手できなかった海外ファンの2次チケット販売の問い合わせが殺到している」と伝えた。

 現在ユチョンは、ドラマ「匂いを見る少女」でバーコード殺人事件で妹を失った無感覚な刑事チェ・ムガク役でより密度の濃い感情表現と卓越したキャラクター解釈のセンスで大衆はもちろん放送関係者からも連日好評を得ている。

 「2015 ユチョンファンミーティング『Housewarming party : Epi 2』」は、今月30日と31日に、高麗大学ファジョン体育館で開催される。


まぁ、日本人が多いと思いますけどね。


ファンクラブでは、当然旅行会社と


手を組んでると思いますから。


韓国も昔のように日本人観光客が


減って、お金を消費しないから


大変でしょうね。


お話変わってドラマのお話です


de-ho.jpg



「匂いを見る少女」のJYJ ユチョン&シン・セギョンカップルのデートシーンを収めたスチールカットが公開された。

12日、SBS水木ドラマ「匂いを見る少女」(脚本:イ・ヒミョン、演出:ペク・スチャン、オ・チュンファン)のチェ・ムガク(ユチョン)とオ・チョリム(シン・セギョン)が幸せな一時を過ごしている姿が写った写真が公開された。

写真のムガクとチョリムは普通のカップルのようにデートを楽しんでいる。チョリムのヘアピンを一緒に選びながら、彼女を見つめるムガクの眼差しは愛で溢れている。仲良くアイスクリームを食べ、公園の散歩を楽しみ、タンデム自転車にも乗る。後ろの席に座っているチョリムと、全然大変ではないように一生懸命ペダルをこぐムガクからは初々しい魅力が感じられる。

いきなり降り出した雨を避けるために傘を差しているムガクの腰に腕を回しているチョリム。一緒に歩いている二人の姿からは過去の辛い陰など全く感じられない。何も考えずにお互いのことだけを見つめる、普通のカップルに見えるが、彼らの事情を知っている視聴者は二人が共にしていることだけでも何だか切なくて愛らしく思うはずだ。

前回の放送でチョリムは自身の本当の名前チェ・ウンソルと同じ名前だという理由でムガクの妹が殺されたことを知り、彼に別れを告げた。だが、ムガクは「僕が愛するから、君はもらうだけいいんだ」とチョリムに一途な想いを寄せ、何もなかったようにチョリムに接した。誰よりもムガクを愛しているけど、だからこそ彼の気持ちを受け入れないチョリムの姿は視聴者の胸を痛ませた。

チョリムの家にバーコード連続殺人者クォン・ジェヒ(ナムグン・ミン)が訪れたことを知り、チョリムを自身の家につれてきたムガク。証人保護という理由で真実と愛の間で危うく綱引きしながら、一緒に過ごすことになった二人は果たして過去の真実を乗り越えた愛を成就させることができるのか。


着てる服といい、「昭和」の匂いを漂わせています。


nao.jpg



JYJ ユチョンの隠しておいた50の影がインターネット上を熱く盛り上げている。

ユチョンは現在SBS水木ドラマ「匂いを見る少女」でチェ・ムガク役を務め、女心を揺さぶる致命的な魅力をアピールしている。そんなユチョンの甘いラブストーリーを収めたシーンで映画「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」をパロディした「ムガクの50の影」が登場するなど、熱い反応を得ている。

あるインターネット掲示板に掲載された動画には「匂いを見る少女」で致命的で甘いロマンスを披露したユチョンの活躍が盛り込まれている。特につんつんしながらもシン・セギョン(オ・チョリム)に対して無限の愛情を示すユチョンの姿は女性ファンの心を改めて揺さぶっている。

ある関係者は「ユチョンは事件を分析するときの冷徹な推理力、恋人には歴代級の愛情表現で、真逆の魅力を見せている。甘く殺伐とした魅力を同時に披露しているユチョンの姿に爆発的な反応が続いている」と伝えた。

ユチョンが出演中のSBS「匂いを見る少女」はバーコード殺人事件を追うどんな感覚も感じられない男と、匂いが見える少女のストーリーを描いたドラマで、毎週水曜日と木曜日の夜10時に韓国で放送中だ。


犯人は、あの人だよね。

safe.jpg


<インタビュー>JYJユチョン ドラマで幅広い演技力を発揮


【ソウル聯合ニュース】韓国SBSで毎週水、木曜に放送中のドラマ「匂いを見る少女」(原題)で、妹を殺害した犯人を捕まえるため警察官になった主人公チェ・ムガクを演じているJYJのユチョン。
 アクション、ロマンス、コメディーなどがふんだんに盛り込まれた同ドラマで幅広い演技力を見せつけ、どんな役でも無理なく演じ切る「俳優」であることを確実に証明した。


 8日にソウル市内でインタビューに応じたユチョンはドラマに対し「個人的にはコミカルな部分がとても気に入っている」と満足感を示した。
 ドラマは妹が殺害された衝撃からどんな痛みや感覚も感じない無痛覚症のムガクと、匂いが見えるという不思議な力を持つオ・チョリム(シン・セギョン)を主人公にした、ミステリーサスペンスを織り交ぜたロマンチックコメディー。
 劇中ではムガクがテレビ番組に出演しコントを披露する場面がある。この場面について、「視聴者にとっても面白くなければならないという思いから最初はプレッシャーがあったが、反応が良かったので幸いだ」と振り返った。
 今後挑戦してみたい役としては、共演者のナムグン・ミンが演じる連続殺人魔、クォン・ジェヒのような人物を挙げた。目が赤くなり殺人魔の姿に変わる場面を演じるナムグン・ミンを見ながら「うらやましい」と思ったという。
 JYJは東方神起の元メンバーだったユチョン、ジェジュン、ジュンスが結成したグループだが、前所属事務所のSMエンタテインメントと専属契約問題で和解するまでは、JYJとして音楽番組に出演できないなどの制約を受けた。
 先ごろ韓国では、放送局が正当な理由がないまま特定の芸能人の番組出演を禁じた場合、当局がこれを制裁する法律が国会で発議された。
 ユチョンは「良いことが増えたので以前の法的トラブルを思い出すことはほとんどない」と話す。JYJの過去の経験により芸能プロダクションや所属アーティストが良い環境で活動できるようになれば「むしろ僕たちが感謝すべきだ」と語った。


d67717a8.jpg


ランキング参加してます


応援クリック励みになります







人気ブログランキングへ


にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

トラックバック

JYJ ユチョン映画やドラマ・ファンミーテーングに「存在感」という匂いを漂わせる - 幸せボンビーな暮らし

JYJ ユチョン映画やドラマ・ファンミーテーングに「存在感」という匂いを漂わせる - 幸せボンビーな暮らし
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。