東方神起 チャンミン出演ドラマ、豪華出演者が最終決定!


20120113002826ee4.jpg

「チャンミン私も会いたい


えっ、なにやってんだって?


チャンミンの出演ドラマの制作発表がありました。


どらら


MBC新水木ドラマ「夜を歩く士」(脚本:チャン・ヒョンジュ、演出:イ・ソンジュン)が俳優イ・ジュンギ、イ・ユビ、東方神起のチャンミン、イ・スヒョク、キム・ソウンという豪華キャストを完成させた。

11日、「夜を歩く士」側は先日公開された主人公のイ・ジュンギ、イ・ユビ、チャンミンに続き、イ・スヒョクとキム・ソウンが出演を確定したと伝えた。

7月に韓国で放送開始予定の「夜を歩く士」は、眩しいほど美しいバンパイア学者キム・ソンヨル(イ・ジュンギ)を中心に吸血鬼という面白い題材を描いていくファンタジー恋愛劇だ。同名の人気ウェブ漫画が原作である。

まず、イ・ジュンギはドラマの中心としてストーリーを引っ張って行くバンパイア学者キム・ソンヨル役を演じる。キム・ソンヨルは抜群のルックスに文武を備えた人材で、政治的なパートナーであり友人の世子(セジャ:王の跡継ぎ)と共に国民が幸せな国を夢見たが、運命の渦巻きの中で恋人と友人を失い、バンパイアになる人物だ。愛する人たちを失った悲しみを隠したまま、絶対悪に立ち向かいながら長い間を夜の士として生きていく。

イ・ユビは、恋愛物語の中心となる男装したチェククェ(朝鮮時代の本商人)、チョ・ヤンソンを演じる。チョ・ヤンソンは、家族を養うためハニャン(朝鮮時代のソウル)で本を売り、長けた話術と商術で最高の本商人に急浮上する人物だ。キム・ソンヨルとは書籍で関わり、運命の渦に巻き込まれる。

チャンミンは王位を受け継ぐ王世子の長子イ・ユン役を演じる。イ・ユンは、見た目は遊び好きのように見えるが、父が死んだ後、爪を隠して静かに時を待っている人物だ。キム・ソンヨル、チョ・ヤンソンと共に様々な事件を通じて絡み合いながら、少しずつ自身が望んでいた答えを見つけていく。

また、イ・スヒョクは悪そのもののバンパイア、クィ役を演じる。美しさで人の心を惑わすバンパイアで、人間の世界を手にして支配する隠れた支配者だ。キム・ソンヨルと鋭く対立しながら緊張感を与える予定だ。

最後にキム・ソウンは、キム・ソンヨルの婚約者であるイ・ミョンヒと両班(ヤンバン:朝鮮時代の貴族)家の娘チェ・ヘリョンの一人二役を演じる。バンパイアになった恋人キム・ソンヨルを生かすために躊躇なく自身の命を捧げる女性イ・ミョヒと、本音が分からないお高い令嬢チェ・ヘリョンを行き来しながら多様な魅力を披露する予定だ。

「夜を歩く士」は、MBCドラマ「太陽を抱く月」「奇皇后」などを共同演出したプロデューサーイ・ソンジュンが演出を手がけ、「コーヒープリンス1号店」を執筆した脚本家チャン・ヒョンジュが脚本を担当した。「メンドロントトッ」の後番組として韓国で7月に放送される。


どんな作品になるのか


ワクワクしますね。


ランキング参加してます


応援ポチ励みになります








人気ブログランキングへ


にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
にほんブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。